キヤノンビズアテンダのBPOとは

数々の受託案件により磨かれた「可視化」と「運用」

グローバル競争が激化する現在、企業は競争力の源泉となる高付加価値プロセスに経営資源を集中することで、コアコンピタンスをより一層強化することが求められています。
経営資源を特定分野に集中投下するためには、その分野を支える周辺分野についての戦略も併せて策定することが必要です。
キヤノンビズアテンダは、アウトソーサーの経験を活かした「可視化」と「運用」で、お客様のビジネスの加速を支援します。

キヤノンビズアテンダのBPOとは

事業を推進するために日々行われる業務は、その遂行過程において、手段の目的化、属人化、肥大化など、様々な課題を抱え込みがちであり、これが高コスト化、生産性低下などを招く要因となっています。
キヤノンビズアテンダのBPOサービスでは、業務を可視化し、業務フローや手順を設計したうえで、リーダーのもとに編成されたチームで運用を行います。周辺業務~コア業務までご支援することで、お客様の課題を解決します。

1 現状 1 現状

お客様にとって重要なコア業務とそれを支える周辺業務が混在しているため、業務を可視化します。

2 受託範囲決定 2 受託範囲決定

可視化した情報に基づき業務を切り分け、受託範囲を決定します。

3 プロセス設計 3 プロセス設計

業務の流れをフローに、処理手順を手順書に落とし込み、業務プロセスを設計し、運用開始に向けた準備を行います。

4 業務運用・継続的改善 4 業務運用・継続的改善

運用準備(業務試行やトレーニング)を行った後、処理手順に基づいた運用を行います。クオリティやパフォーマンスについて継続的改善を行います。

サービス導入イメージ

アウトソーシングする業務範囲の決定

業務プロセスの可視化/設計の専門家である当社の業務プロセスエンジニアが、お客様の現行業務プロセスや、アウトソーシング目的などの可視化を支援します。

可視化した内容をベースにお客様と協議を行うため、認識のズレ・齟齬の発生をおさえ、共通認識の事実に基づき、アウトソーシングする業務範囲を決定することができます。

業務系プロセスエンジニア

BPM遂行能力(標準技術・専門知識)を判定する国際認定資格であるOCEB資格/豊富なアウトソーシング業務経験を持つ専門家です。

OCEBビジネスインターメディエイト、ファンダメンタル、OMG認定ユーザ
(OMG-Certified Expert in BPM Business Intermediate)(OMG-Certified Expert in BPM Fundamental)

ヘルプデスク系プロセスエンジニア

ヘルプデスク/コールセンターの監査・運用能力を判定する国際認定資格であるHDI資格/豊富なアウトソーシング業務経験を持つ専門家です。

HDI認定オーディタ、サポートセンターマネージャ
(HDI Auditor)(Support Center Manager)

BPOサービス提供形態

キヤノンビズアテンダは、お客様のニーズや状況に合わせ、「お客様先常駐型」「センター対応型」「複合型」のいずれかでサービス提供可能です。

お客様先常駐型

  • お客様事業所内に、キヤノンビズアテンダのスタッフが常駐しサービス提供いたします。

センター対応型

  • キヤノンビズアテンダのセンターにてサービス提供いたします。

複合型

  • 業務内容に応じた複合型のサービス提供形態です。
    ※「お客様事業所内に常駐」「弊社センター」に加え、「訪問型」でサービス提供を行うこともあります。

多様なビジネスシーンを支援

キヤノンビズアテンダは、BPOサービスを通じて、お客様の多様なビジネスシーンを支援します。

多様なビジネスシーンを支援

サービス紹介はこちら